左から、二重管式ダウンザホールハンマー(CRID)工法、クローラークレーンでの施工状況、ダウンザホールハンマーラフタークレーン装着状況

基礎工A工法クレーンダウンザホールハンマー工法

二重管式CRID工法は、削孔後、ケーシングを残置し、ダウンザホールハンマーだけを引き抜くという工法です。

ダウンザホールハンマー工法種類と説明

ダウンザホルハンマービット先端の打撃によって,玉石,岩盤などを破砕し掘削廃土は、スクリュー及びエアーリフトにて排土する方法です。

ダウンザホールハンマーは、玉石,岩盤などを破砕!土留めH鋼の打ち込み、仮桟橋親杭打設などに活躍

モーターで回転させながら、圧縮空気により先端ビットで孔底を叩きながら削孔する工法です。
既存のオーガスクリューにそのままダウンザホールハンマーを取り付けて使用できるので、
機械設備も大きくならず急傾斜地や厳しい条件での掘削にも適しています。
また、
地質も粘性岩、砂岩などの土質にも威力を発揮します。
従来の工法と比べ大幅に工事コストを減らし工期を短縮できます。

ダウンザホルハンマービット先端の打撃によって,
玉石,岩盤などを破砕し掘削廃土は、スクリュー及びエアーリフトにて排土する方法です。

二重管式ダウンザホールハンマー

二重管式CRID工法は、削孔後、ケーシングを残置し、ダウンザホールハンマーだけを引き抜くという工法です。

巨大転石でも支持杭の打設は可能です

削孔後、ケーシングを残置し、ダウンザホールハンマーだけを引き抜くという工法です。一般層から玉石・転石の崩壊層、岩盤層まで引っ掛かることなく掘削可能でケーシングがあるので水の中でも順調に掘削します。またケーシングを残置することにより、支持杭の建て込みは非常に高い鉛直精度が得られ、支持層に確実に根固め材を注入できます。その為、難しい現場でも大幅に工期を削減することができます。

桟橋の施工は、Aクレーン クローラークレーン70トンでオーガー吊り下げ式CRID工法にて施工しました。

写真ギャラリー