サイレントパイラー硬質地盤クリア工法

芯抜き理論」を実用化し、砂礫層や玉石層などの硬質地盤でも圧入工法の優位性を損なわずに杭施工を可能にした「硬質地盤クリア工法」。

システム施工技術により仮設工事を一掃し、環境負荷を大幅に低減させます。

ECO-400S/硬質地盤への対応機械導入しました。

50トンクローラークレーンと硬質地盤クリア工法

盤条件や施工環境に応じた最適な工法を選択可能 」

芯抜き理論」を実用化し、砂礫層や玉石層などの硬質地盤でも圧入工法の優位性を損なわずに杭施工を可能にした「硬質地盤クリア工法」。これまでの先行機による数多くの施工実績が、工法の優位性を証明しています。パイルオーガによる掘削はあくまで圧入補助として最小限に抑えるので、排土量は少なく、周辺地盤を乱さないため、強い支持力をもった完成杭を急速に構築できます。システム施工技術により仮設工事を一掃し、環境負荷を大幅に低減させます。

圧入工法の原理 圧入作業手順(サイレントパイラー)

芯抜き工法

分解性油脂を標準採用

COシリーズから標準採用して、高い評価を受けている圧入機専用の生分解性作動油(パイラーエコオイル)とグリース(パイラーエコグリース)を使用しています。 万が一、水中や土壌に流出しても自然界のバクテリアによって分解され、生態系に影響を与えません。 更に、機体にはTXフリー無鉛塗料※2を使用し、環境対策は万全です。

圧入工法の原理

地球に押し込まれた杭の引抜抵抗力を反力として油圧による静荷重で次の杭を押し込んでゆ「圧入原理」である。この原理は、建設公害が大きな社会問題となった創業者によって見出され、圧入機サイレントパイラー >の発明(1975年)によって世界で初めて圧入工法として実用化された。

サイレントパイラーとは

サイレントパイラーとは、建設工事や土木工事で杭の打ち抜きに用いる、世界で初めて圧入原理を実用化した油圧式杭圧入引抜機である。

サイレントパイラーは、すでに地中に押し込まれた杭を数本つかみ、その引抜抵抗力を反力にして油圧による静荷重で次の杭を押し込んでゆ圧入原理を実用化したものであり、騒音や振動といった建設公害を発生させないのが特長である。

また、圧入機自体が完成杭上を自走する機能を持ち、無駄なく合理的な施工ができる。

杭材の種類や施工能力、現場の制約条件(N値の高い地盤、岩盤層、礫層などの硬質地盤、超低空頭地、狭隘地など)に対応した様々な機種が存在している。

サイレントパイラーによって確立された圧入工法は、環境に優しい工法として国内はもとより世界各地に普及している

圧入作業手順(サイレントパイラー)

機械配置とは

圧入工法圧入機本体とパワーユニットのほか、杭材を圧入機本体に建て込むためのクレーンが1台あれば施工できます。

※ 機械およびその配置は現場条件によって異なります。

圧入工程とは

圧入機本体を前に移動させる工程を「自走」自走を含めた一連の圧入工程と言います。

初期圧入工程とは

既設杭のない状態から圧入施工を始めるには、「反力架台」を用いて「初期反力杭」を施工します。

圧入機本体反力架台 を水平に設置

反力架台に土質条件と杭長に応じた反力ウェイトを積載

反力架台上の総質量を反力として最初の杭を圧入

自走させ圧入を終えた杭を反力杭としてつかみ、

反力を増強

圧入機本体が初期反力杭の上に移動するまで杭を圧入施工

反力ウェイトと反力架台を撤去し、初期圧入完了

圧入機(Uパイラー)コーナー施工方法

同位置から進行方向と直角に左右各2枚づつ計4枚の鋼矢板を圧入および引き抜き可能な「コーナーフォー(C4)」機構が標準装備されています。

圧入機本体の位置を変えずに、コーナーを曲がった進行方向に2枚目まで圧入し、方向転換時の反力杭としてその後ろ側(進行方向と反対側)にも2枚まで施工できます。

このコーナーフォー機構によって、市街地での建築工事や狭小な現場でも、安全かつ効率的に締切工や立坑建設を行うことができます。

サイレントパイラー外観図

サイレントパイラー仕様

サイレントパイラー仕様

  • 適用杭材     U形鋼矢板 400 mm Ⅱ, Ⅲ, Ⅳ
  • 最大圧入力    800 kN
  • 最大引抜力    900 kN
  • ストローク    1000 mm(WJ時 750 mm)
  • 圧入スピード   1.5 ~ 35.5 m/min
  • 引抜スピード   1.5 ~ 50.5 m/min
  • 操作方法     ラジオコントロール
  • 移動方法     自走式
  • 質量       7200 kg   1350 kg
  • 総質量      8550 kg

 

パイルオーガPA14仕様

 

  • 適用杭長     最長 15 m
  • 質量       オーガ駆動部1600 kg
  • 質量       ヶーシングオーガ5850 kg
  • 総質量      7450 kg
パワーユニット   EU200H3
  • 動力源       ディィーゼルエンジン
  • 定格出力      195 kW(265 ps)/1800 min
  •          1173 kW(235 ps)/1600 min-
  • 燃料タンク容量  400 L
  • 作動油タンク容量 パイラーエコオイル 490 L
  • 走行速度     1.4 km/h
  • 質量       7300 kg

 適用杭長質量総質量洗浄装置単独圧入アタッチメントホース引抜作業位置パイラージェットリールJR22

※運搬位置単独圧入アタッチメント※ パイラージェットリールはオプションです。圧入機本体ホースリールオーガ駆動部ケーシングオーガ 質量パワーモードエコモードSCU-ECO400SパイルオーガPA141250 kg反力架台サイズ

サイレントパイラー写真ギャラリー